自分が関わるからには、

自分ならでは、

の工夫や、遊び、 を取り入れたいもの。

 

それは大きなプランニングや斬新な視点、といった仰々しいものでなくてもよくて、

 

ちょっと工夫しているな、と感じられるようなレベルのものでもいい。

 

たとえば、誰かの仕事の引き継ぎを受けるときは、

今までのやり方をそのまま踏襲する、なんていうのは愚の骨頂で、

今までのやり方を踏まえて、じゃあ自分ならそれをどうアレンジするか、

どういうエッセンスを加えるか、どういう工夫を入れ込むか、

 

そう考えて初めて、感覚としてその仕事を自分のものにできる のだと思う。

 

常に、遊びの視点、ひと工夫加えてみよう、という視点、はとっても重要。