こんにちは!たにです!

 

今日こそ、インドネシアのブロも火山についてのことを書きます!

前回は、トイレ事情と称してお世辞にもきれいとは言えない(むしろ汚い)記事を書いてすいませんでした!!!けど、インドネシアに行ったとき部屋がくさかったら、この事例が参考になるかと思います!!!!(無理矢理)

 

ytanipooo.hatenablog.com

 

 

  • ブロモ火山とは
    • キングコング・ヒル
    • 星空
    • 日の出
    • 火山のふもと

 

ブロモ火山とは

ブロモ火山は、標高2,329mの活火山で、スラバヤ空港から車で約3時間(順調にいけば)の場所に位置しています。前回の大きい噴火は2011年だったらしく、今回もたまに、白い煙が火口からあがっていました。けど、危険なニオイはまったくナシ!!!

 

キングコング・ヒル

ブロモ火山で、星空と日の出を見に行くこの日は、朝3:00起床。

「今日は、キングコング・ヒルから日の出を見にいくよ!」ドライバーさんめっちゃ張り切ってる

 

キングコング・ヒルの入り口までは車で移動し、そこから45分ほど崖のような山道を登る。

真っ暗だし、坂道急だし、草木かきわけまくるし、なんか知らないヨーロッパ人ついてくるし、けどとりあえず必死で登る登る。

 

星空

「キングコング・ヒルについたよ!」

声と同時に顔を上げると、突然現れた景色がこれ。

 

f:id:Ytanipooo:20170903131457j:plain

 

写真じゃ伝わりきらないかもしれないけど、美しすぎる星空と大自然に、言葉を失いました。

 

目線の下に広がる壮大な火山。

いつもとは逆さまに見えるオリオン座。

5分に1回は降ってくる流れ星。

 

ちょうどここで、前回の滝を一緒に登った、エアアジアのCAをしているタイ人カップルと遭遇。

あまりにもたくさんの流れ星が流れていたので、その彼女に「Lets make a wish」と言われ、一緒にお願い事をしたのは今でも素敵な思い出です。一眼レフで写真を撮ることに夢中になってる彼氏たちを横目に見ながらね。。

 

 

 

日の出

そして日の出。

f:id:Ytanipooo:20170903133337j:plain

 

地平線に浮かんでくるオレンジの光と、真っ暗な空から降る光の粒。自然と宇宙が織りなす、この一瞬の景色。

 

 

f:id:Ytanipooo:20170903134055j:plain

 

遠くに広がる雲海から昇る太陽。

 

 

f:id:Ytanipooo:20170903134501j:plain

 

ポッと煙をはく、ブロモ山の奥にあるスメル山。

なんかかわいい笑

 

f:id:Ytanipooo:20170903134146j:plain

 

そして、赤く染まりだす。

 

 

 

太陽が昇りきって、壮大な火山の全貌がみえると、またも絶句。

 

f:id:Ytanipooo:20170903134932j:plain

 

 

地球に生まれてよかったーーーー!!!

 

 

火山のふもと

今度はここから、モーターバイクに乗ってこの山のふもとまで一気にくだる!

上の写真に映ってる、この無機質な平べったい場所!

くだるとこんな感じ。

 

 

f:id:Ytanipooo:20170903210525j:plain

 

でーんッ!

 

(後ろ向いてって言われて撮ってくれた写真。これしか送ってくれなかった笑)

 

 

この無機質で広大な火山灰広場の中に、ヒンドゥー教のお寺があったり、乗馬体験できるところもある。まあ、それしかないのですが。。

 

そしてこの砂場をモーターバイクでびゅーんと走り、昨晩泊まった宿に帰って、帰りの身支度。

大渋滞のため5時間ほどのドライブを経て、空港付近のホテルにたどり着きましたとさ。

 

今回の旅を通じて思ったことは、自然と共に生きる事って、人間の本当の豊かさだけど、皆が忘れてしまいがちなことなんじゃないか、ということ。本当に、ここの自然のエネルギーはすごくて、帰国してからパワーが有り余っていた私は、会社の中で新しい挑戦をする勇気がでた!そして、今その新しい挑戦に追われ、またエネルギー不足になっている。笑 

あとは、自然のエネルギーとは反対に、ビジネスを新しく始めるなら発展途上国がいい、ということも思いました。笑

Made in Japanのお店とか出したら、きっと売れる。うん、アリだな。。

 

 

素敵な旅を一緒につくってくれた彼氏や、案内してくれたインドネシアの友達に感謝!

さぁ、次はどこに行こうか!

 

関連記事