f:id:kuro021570445kun:20170108184958j:plain

敏感肌と乾燥肌は違うものというイメージを持つ人も多いでしょう。
ですが、敏感肌の原因のひとつに肌の乾燥があり、肌が乾燥している人程、肌も敏感になりやすい事になります。
肌の中に水分がしっかりとある人の場合、肌の表面に肌バリアが常に張り巡らされた状態となります。
この肌バリアがしっかりとしていれば、外側から刺激に負けにくい肌となります。
ですが、肌が水分不足の状態になると、肌バリアは衰え、外側からの些細な刺激にも敏感な状態になってしまいます。
勿論、アレルギー体質や元々の皮膚の状態が原因で敏感な状態になっている人もいますが、それ以上に肌の水分不足が原因で敏感な状態が続いているという人が多くいます。
肌の水分不足が原因で敏感になっている場合、重要になってくるのが肌に水分を補う事です。
ヒアルロン酸やプロテオグリカン等、保水力の高い成分を使って補う事も可能ですが、それ以上に肌自体が水分を溜め込みやすい状態を作るセラミドを使って、潤いのある肌へと変えていく事がおすすめです。
即効性で考えるとヒアルロン酸やプロテオグリカンが有効で、セラミドはすぐには効果を実感できないものですが、使い続ける事によって、刺激に負けない肌に変えていく事ができます。